大分経理専門学校

メインイメージ

簿記会計

資格内容と効果将来的職業
日商簿記(1級~3級)
全経簿記(上級~3級)
産業界全般に共通
日商簿記検定1級
全経簿記能力検定上級
税理士・公認会計士などの受験資格ができる。大学程度の商業簿記・工業簿記・原価計算ならびに会計学を学び、財務諸表規則、会計法規を理解し経営管理や経営分析ができる。税理士・公認会計士 大手企業の経理担当者・金融関係 税理士・公認会計士の補佐的業務
日商簿記検定2級
全経簿記能力検定1級
財務諸表を読む力がつき、経営状態を把握できる。会社の経営管理に役立つ。税理士・公認会計士 中小企業の経理担当者・金融関係 税理士・公認会計士の補佐的業務
日商簿記検定3級
全経簿記能力検定2~3級
基本的な簿記の知識が身につく。帳簿の記録の仕方を学ぶ。経理関連の書類等の読み取りや、数字から経営状況を理解できる。商店、中小企業の経理事務担当者 税理士・公認会計士の補佐的業務
簿記全般簿記の知識は企業規模の大小を問わず、また経理業務のみならず、営業、販売などを含め、ビジネス全般にわたって活用できる知識です。企業の数字を読み取る力、そしてそれに対する対策を考えられることが、混迷する経済の中では求められている。
建設業簿記建設・工事関係の企業で使われる簿記。上記説明とほぼ同じと考えてよい。建設・工事業を営む企業への就職

税務会計

資格内容と効果将来的職業
税務会計能力検定
所得税法1級~3級
所得税のしくみや、各種所得の計算。また個人の事業所得の金額の計算ができ、「所得税の確定申告書」の作成ができる。税理士試験受験の準備段階における必要な知識となる。税理士・公認会計士企業の経理担当者税理士・公認会計士の補佐的業務
法人税法1級~3級法人税法の規定を学び、課税所得の計算そして税額計算までを学ぶ。簿記との取り扱いの違いや税法独自と取り扱いが修得でき、法人税の申告「別表」の作成ができる。税理士試験受験の準備段階における必要な知識となる。税理士・公認会計士 企業の経理担当者 税理士・公認会計士の補佐的業務
消費税法1級~3級消費税法の仕組みや規定を学び、決算から消費税額の計算までを学ぶ。日常における消費税の取り扱いや、確定申告書の作成ができる。税理士試験受験の準備段階における必要な知識となる。税理士・公認会計士 企業の経理担当者 税理士・公認会計士の補佐的業務

ファイナンシャルプランナー(FP)

資格内容と効果将来的職業
FP技能士1級~3級(国家資格)金融・保険・年金・不動産・相続等の幅広い知識修得により自己の将来において「安心できる生活設計」を考えるための基礎知識ができる。また、上級資格取得によっては、「企業系FP」、「独立系FP」としての将来がある。ファイナンシャルプランナーとして独立 銀行、生保・損保会社勤務 証券・不動産会社勤務 税理士・公認会計士の補佐的業務

実践実務

資格内容と効果将来的職業
経理実務検定資格なし企業の日常業務を実践的に学ぶ。金銭管理、銀行業務、給与計算、年末調整、源泉徴収制度、社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に関する知識や、事務処理の方法を学ぶとともに、実際の書類を用い、記入方法、計算のしかたなどを習得する。産業界全般に共通一般事務 職総務・人事担当者 経理担当者
電卓検定段位~2級電卓に装備されている様々な機能を習得することで、事務処理の効率化、データの正確な処理ができるようになる。企業の事務担当者にとって、処理の正確性とスピードは必須のものである。日々の練習により電卓の操作技能を養う。産業界全般に共通一般事務 職総務・人事担当者 経理担当者

情報処理

資格内容と効果将来的職業
文書処理能力検定
日本語ワープロ検定
マイクロソフト社のワードを使いこなすことによって公文書の作成を迅速に行うことができる。企業の事務担当者にとって、文書の作成は日常的なことであり、その作成を正確にまた、迅速に行うことは企業活動にとっても重要である。産業界全般に共通一般事務 職総務・人事担当者 経理担当者
表計算マイクロソフト社のエクセルを使いこなすことによって、正確な計算やデータの表示、名簿作成など様々な用途に応じた資料を作成することができる。見積書や請求書などを作成や、様々なデータからグラフ化したり、企業にとっては今最も必要とされる技能である。産業界全般に共通一般事務 職総務・人事担当者 経理担当者
プレゼンテーションマイクロソフト社のパワーポイントを使いこなすことによって、効果的なプレゼンテーション技能を習得することができる。企業は自社の製品や商品のPRのために、プレゼンテーションを行う。また、会議においても自分の考えをプレゼンする機会も多く、ビジネス社会では必須の技能である。産業界全般に共通一般事務 職総務・人事担当者 経理担当者
データベースマイクロソフト社のアクセスを利用して、膨大なデータの管理技術を身につけることができる。データ管理自体はエクセルでもおこなえるが、データの内容や容量によっては専用ソフトを利用することによって、スムーズにおこなえる。産業界全般に共通一般事務 職総務・人事担当者 経理担当者
コンピュータ会計代表的な会計ソフトである弥生会計を利用し、帳簿の記録、管理をコンピュータでおこなう。簿記の知識を必要とするが、今やほとんどの企業で会計ソフトを利用しており、即戦力となるためには、操作技能を習得することは必要不可欠なものである。産業界全般に共通経理担当者 税理士・公認会計士の補佐的業務
ITパスポート職場で利用する情報機器や、エクセルアプリケーション等の設定や操作を理解し、効率よく業務ができるようになる。業務フローや、データ分析から問題点を把握し、その問題に対し情報技術の観点から解決策を検討できる。コンプライアンス(法令遵守)を理解し、システムやインターネットの利用については、情報の漏洩、滅失が発生しないように対応を図れる。産業界全般でパソコンを含むシステムに携わる全ての職場
パソコン検定(P検)一般的なソフトウエア操作だけでなく、パソコン知識、ネットワーク、モラルなどを習得することができる。職場では効率的に職務を遂行することができる。産業界全般でパソコンを含むシステムに携わる全ての職場

ビジネスマナー

資格内容と効果将来的職業
社会常識能力検定1級~3級現代社会・組織に生きる大人として必要な常識や心構え(社会常識)、よい人間関係を築くためのスキル(コミュニケーション能力)、業務処理に必要なマナー・技能(ビジネスマナー)など、より実務的・実践的な内容となっている。企業では有資格者と同様に注目、期待する内容である。産業界全般に共通社会人全般 一般事務職受付業務、接客業務