大分経理専門学校

ブログ更新

2016.11.29  配偶者控除の拡大

配偶者控除の改正について、最近進展がどうなっているのか気になっていましたが、先日ニュース等で取り上げられていました。

 

概要ですが、配偶者が妻の場合です

 

①配偶者の年収が103万以下から150万以下へ

②夫の年収が1,220万円を超えると金額が減り、最終的には控除額ゼロになる(まだ検討中)

 

現在パート収入等が月々約85,000円が目安ですが、これが125,000円になるということで読み取って

いいのだろうか悩んでいます(-“-)

 

現行の基礎控除が380,000円 給与所得控除1,500,000円収入がある場合650,000円

1,500,000 - 380,000 - 650,000 =470,000 が配偶者の所得となりますが・・・

ちなみに1,030,000円の収入のときは

1,030,000 - 380,000 - 650,000 = 0 となります。

 

470,000円の所得がある配偶者を扶養控除対象配偶者とする改正がされるのかと勝手に思っております。

近い将来奥さんにも働きに出てもらうことがありそうなので、やっぱり今後の動向は注目です。

「夫婦控除」とやらは無くなったのでしょうか・(――;)