大分経理専門学校

ブログ更新

2016.08.10  月の第何週かを調べてみよう!

資料を作成していると、今日が第何週かを調べることがあります。

カレンダーを見て数えるという手法もありますが、今回はExcelの関数を用いて週の数を求めてみましょう!

 

日付が第何週か求めるWEEKNUM関数

WEEKNUM関数という関数は日付が第何週かを求めることができます。

WEEKNUMシリアル値, 週の基準

シリアル値とは、1900年1月1日を1としてカウントします。

本日8/10は、「42592」という数字になります。

週の基準は週の開始日を日曜日なのか月曜日なのかを決めます。

「1または省略」で、週の開始日を日曜日として計算し、「2」で、週の開始日を月曜日として計算します。

 

実際に関数を使ってみよう

1

では、8月10日が月の第何週か求めてみます。

上記の関数を使用すると、「33」という結果が返ってきます。

なぜでしょうか?

それはWEEKNUM関数は指定したシリアル値の年数の1月1日から週を数えているからです。

なので、2016年1月1日から33週目ということです。

 

次に、

=WEEKNUM(A2)-WEEKNUM(DATE(YEAR(A2),MONTH(A2),1))+1

と入力してみましょう。

DATE関数は日付を求める関数、YEAR関数は年を求める関数、MONTH関数は月を求める関数です。

上記の計算式は現在の週数-月初の週数に1を足すと、「2」という結果が表示されます。

 

最後に

今までは月の第何週かを求めるにはカレンダーで確認し手入力していましたが、WEEKNUM関数を用いて作業にかかる時間を短縮しましょう!