大分経理専門学校

ブログ更新

2016.11.02  土日に色を付けるには?

職業訓練にてカレンダーをExcelで作成していました。

訓練生は四苦八苦しながら作成していました。

今回カレンダーを作るうえでキーとなるのは、WEEKDAY関数です。

 

WEEKDAY関数とは

指定した日付から対応した曜日を返します

WEEKDAY(シリアル値,種類)で表します

シリアル値は日付で、種類は1~3まであります

1又は省略  1:日曜日 2:月曜日 3:火曜日 4:水曜日 5:木曜日 6:金曜日 7:土曜日
2     1:月曜日 2:火曜日 3:水曜日 4:木曜日 5:金曜日 6:土曜日 7:日曜日
3     0:月曜日 1:火曜日 2:水曜日 3:木曜日 4:金曜日 5:土曜日 6:日曜日

 

曜日を表示させるには?

  表

今回使用した種類は「1」です。

11月1日は火曜日なので、「3」と表示されます。

セルの書式設定で表示形式を変更します。

「ユーザー定義」で「aaa」と入力します。

すると、「火」と表示されます。

「aaaa」と入力すれば、「火曜日」と表示されます。

 

土曜日を「青」、日曜日を「赤」で塗りつぶすには?

条件付き書式を用いて色の設定を行います。

条件付き書式の新しいルールから

ルールの種類を「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択

ルールの内容に「=$B1=7」と入力します。

種類は「1」を選択したので、「7」は土曜日です。

対象のセルの値が「7」であれば、セルの塗りつぶしが青になります。

土

日曜日にはルールの内容に「=$B1=1」と入力します。

「1」は日曜日です。

対象のセルの値が「1」であれば、セルの塗りつぶしが赤になります。

日

 

最後に

いかがだったでしょうか?

ちょっとしたExcelの関数と機能を用いることで、簡単にカレンダーを作ることができます。

11/19に当校にて学校説明会が行われます。

当校のことに少しでも興味を持たれた方がいましたら、ぜひ足を運んでくださいね♪