大分経理専門学校

ブログ更新

2016.02.03  あなたは小指を使いこなせてますか?

タッチタイピングの話

パソコン業務ではいかに効率よく入力するかにかかってきます。

タッチタイピングの重要性 以前、タイピングの練習についてというを挙げたのですが、今回はその話と関連しています。

パソコンの入力速度を上げるためには左右の5本の指をいかに活用するかにかかっています。

特に小指はあまり使わないので、慣れないと思います。

小指を使うキーは次の通りです。

  • Q
  • A
  • Z
  • Tab
  • Caps Lock
  • Shift
  • Ctrl

特に、Tabキー・Caps Lockキー・Shiftキー・Ctrlキーはショートカットキーを使う際に便利です。

 

ショートカットキーの活用を!

では、有名なショートカットキーをいくつか挙げていきますね!

Alt+Tab

Windowsで、開いているソフトを切り替えることができます。

Altキーを押しながら、Tabキーを押すことで一つずつ切り替えることできます。

Ctrl+Tab

ブラウザで複数のタブを開いているときは、タブを切り替えることができます。

Excelを複数開いているときは開いているExcelを切り替えることができます。

Ctrl+H

WordやExcelで単語を一発修正したいときに便利!

変換元の文字を入力し、次に返還後の文字を入力し、「すべてを置換」ボタンをクリックするだけで、対象すべてが置換されます。

 

最後に

いくつかショートカットキーを紹介しましたが、ショートカットキーは山のようにあります。

ショートカットキーを使う際はTabやShiftやCtrl等のキーと合わせて使用するケースが多いです。

まずは小指の置き先を意識してタッチタイピングを練習しましょう!

 

———————————————————————————–—

◆ご案内◆

現在、求職者支援訓練の「パソコン基礎科」の受付が2月8日までとなっております。

職業訓練を受けてみたいと思う方は、ぜひ当校までご連絡をください。

求職者支援訓練「パソコン基礎科」

 

また、平成28年度の専門学生もまだまだ受付中です。

事務職を希望する方、簿記を学びたい方、経営の知識をつけたい方はぜひ当校までご連絡ください。

097-534-6625